お金がほしい

悩みを解決してくれたのはカードローンでした

お金がほしい主婦

お金がほしいという気持ちは誰でもありますよね。そう思わない人っていないと思います。。

 

もちろん私も毎月のように給料日前になるとお金がほしいと思っていました。計画的に使っているつもりでも、月末になるとどうしてかお金が足りなくなるんですよね。(汗;)

 

せっかく貯めている貯金を崩したこともありましたが、勇気をもってカードローンを持ってからは、不思議なことに貯金を崩すこともなくなりましたし、借り入れ額が増えていくこともなく、計画的にお金を使えるようになった気がします。

 

いつでもお金がほしいときに借りれるローンって、消費者金融のキャッシングサービスのほか、銀行のカードローンなど便利な商品がたくさんありますよね。

 

おススメ商品の紹介

三菱東京UFJ銀行


誰もが知っているメガバンクですね。三菱東京UFJ銀行のカードローン バンクイックは安定した収入があれば主婦の方でも借りることができます。ただし専業主婦の場合は30万円以内となっています。即日利用も可能です。

 

プロミス


プロミスは申込、借入、返済が24時間365日いつでもOKで、WEB契約なら即日融資も可能です。学生やパート・アルバイトの方でも一定の収入があれば申し込むこことができます。メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で30日間無利息になるのも嬉しいですね。

 

アコム


消費者金融といえばアコムでしょうか。ネットからなら審査回答が最短30分とスピーディーで、店舗に行くことなく即日振込も可能です。一定の収入がある方なら主婦(専業主婦は除く)でも申し込むことができます。

 

 

お金がほしいとき、どうするか

収入のない私がどうやってお金を工面しているか?

お金がほしい主婦

結婚して数年経った頃、病気やその他の理由で仕事を辞めました。それからはもちろん無職で収入はありません。主人の給料から月に決まった額を小遣いとしてもらっていますが中々それだけでは自分の好きな事やほしい物に使えません。

 

それでも結婚した時、今までの貯金の一部を口座に移し替えて足りない分を補ってきました。
(主人には内緒です)

 

いよいよそれも底をついてきた時更に定額貯金が満期になり下ろせるようになりました。少しずつ下ろし、残りはまた貯金。今まで2回貯金を崩した事があります。

 

つまり今でこそ無職ですが、若い頃はお金を貯めるために、もう死にもの狂いで働いたと言っても過言ではありません。

 

大学入学と共に親からの小遣いというものが無くなり学費以外はどうしても自分で働いて得なければいけない状態になったからです。お金がほしいというか、なくては生活ができないのです。

 

バイトを3つ掛け持ち、日祝日長期の休み等一切ない生活を30歳頃まで続けました。友達はいたものの、ほとんど遊ばず、ほしい物も買わずに仕事ばかりしていた気がします。

 

その中の一部を毎月定期にして貯金。母からのアドバイスでした。当時は『どうして?』と少し不満でしたが今になっては本当に良かったと思います。

 

しかし、こんな事ばかりやっていてはいけません。来年からはせめて主人から小遣いをもらわない程度に何かパートに出る予定です。そうすればほしい物が買えると思います。

 

 

お金がほしいワケではありませんが、どうしようもなくなった時にはお金を借ります

お金がほしい会社員

人がお金を借りる理由は、贅沢のためにお金がほしいよりも、人生や生活に切羽詰まっているからだと思います。

 

物欲を満たすため、ほしい物を買うだけだったり、ギャンブルなどに使うために安易に借りる人もいるにはいます。

 

しかしいずれは返済が待っているわけですし、お金を借りる多くの人は安易な気持ちではないはずです。どうしようもなくなってしまい、悩んで悩んで仕方なく借りているのだと思います。

 

私も頻繁ではないですけれども、何度かお金を借りたことがあります。多くは家族や友達からですが、何度かキャッシングを利用したこともあります。

 

借りる理由は、ほしい物を買うためではなくて、水道光熱費や携帯電話料金が払えないほどに生活が苦しいからです。給料がかなり安いせいもありますが、持病の医療費が生活を圧迫しています。本当にお金が無くて困った時だけですけれど、断られるのも覚悟しながらお金を借りに行きます。

 

特に友達にお金を借してほしいと頼むのは、心苦しいですし緊張もします。もしかしたらお金にだらしがない人間と思われ、今まで築いてきた関係が崩れてしまうかもしれないと思うのです。でも私の持病のことを知っていて、いつも快く貸してくれるのでありがたいです。

 

キャッシングを利用する時は、ある程度早期に返済出来る目処が立ちそうな時だけです。せっかく借りても、返済が滞って後々苦しむことになるのでは本末転倒な気がします。キャッシングは一番便利ですけど、ちょっと怖いイメージもあるので借りる時は最終手段といった感じです。

 

これからも節約した生活を送りながら、お金がほしい時もなるべく誰にも借りずに済むようしたいと考えています。

 

<最新記事>


お金が欲しいと思う事はしょっちゅうありますが、とりわけ支払期限が迫っている状況においてそう感じます。そんなことを強く感じた経験が学生時代にあります。

 

地元を離れ他県で一人暮らしをしていましたが、一度かなりの危機(あくまでも個人的な感覚)に陥ったのです。

続きを読む≫ 2015/11/05 22:12:05

日々の生活において金銭の悩みは尽きないものですが、私の場合いちばん頭を悩ませるのは、最低限必要な生活費の捻出が厳しくなった時です。

 

常に一定額を貯金できるような計画性があれば悩むことがないのですが、月々の収入自体が安定していないのでなかなかそうはゆきません。

続きを読む≫ 2015/03/17 20:43:17